ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

ITエンジニアのキャリア その他のスキル

できる人とは?~イメージを具体化する

投稿日:

できる人

「できる人」とは?

できる人、ってどんな人なのでしょう?

よく使われる言葉ではあるのですが、
「それじゃぁ、できる人ってどんな人?」
と、聞いてみると、人それぞれ、
千差万別なのではないかと思います。
  

私自身、ずっと
「できる人」にみられたいと思っていました。

他の人からどう見えるかが、気になってしようがなかったんですね。
20代の頃は、それが様々なことを学ぶための原動力になっていました。

それでは、
あなたが考える「できる人」って一体どのような人なのでしょう?

具体的にするために、アウトプットする

まず、これを具体化してみましょう。

頭の中で考えるだけでなく、
できれば、紙に書き出してみてください。

例えば、こんな感じです。

●あなたにとって、「できる人」とはどのような人ですか?
 「できる人」のイメージを思いつくままに書き出してみて下さい。

できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________
できる人は____________________________________

 
正しい答えは、ありません。
あなたの思いつくまま、自由に書き出してみてください。

周囲にいる上司や先輩をイメージしてみてはどうでしょう。

あるいは、あまり有り難くはないケースですが、
上司や先輩を反面教師とすることもありますね。

あるいは、歴史上の人物だったり、著名人をイメージするのも良い方法です。
  
とにかく、思いつくままに書き出していくことがポイントです。

できる人とは?

私の頭の中にある「できる人」とはどのような人なのか、掘り下げてみました。。

先ず、自分自身の頭の整理をするために紙に書き出してみました。

そしてわかったことは、
学生時代と社会人になってからでは、イメージが違うこと。

社会人になってからも新人の頃と今では大きく変わっています。

その人が、経験して積み重ねていくことで、
少しずつ変化していくものなのかもしれません。

学生の頃のキーワードは、次のようなものでした。

  • 勉強できる人
  • スポーツができる人
  • 友達から人気のある人
  • 話しが面白い人

 
そして、社会人となりSEとして働き出してからは、

  • IT系の技術に長けた人(プログラミング、DB、ネットワーク・・・)
  • プレゼンが上手い人
  • 人を説得することが上手い人

そんなイメージに変わっていきました。

そして、さらに年を重ね、
自分自身の後輩や部下ができるようになってからは、
また違う世界が見えてきました。

  • 部下育成が上手い人
  • 上司を上手く使うことができる人
  • 判断力、決断力がある人
  • 人望のある人

そして、そのあと、できる人とは「他人を動かすことができる人」なのではないかと考えました。

例えば、鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーやヘンリー・フォードのような人。
日本人で言えば田中角栄のような人でしょうか。

彼らに共通していることは、
自分よりも、優秀な人たちを動かしていたこと。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓標に刻まれた言葉は有名ですね。

「ここに、自分より賢い人々を、周囲に集める術を知っていた1人の人間が横たわる」

すごい人だと思います。

そして、この記事(メルマガ)を書いてから10年ほど経ちました。

今は、

  • 自己責任で考える人(他人のせいにしない)
  • 好奇心を持ち続けている
  • 最後までやり遂げる力(グリッド)

なのではないかと、考えています。

以上が私の頭の中にある「できる人」のイメージです。

年齢とともに「できる人」のイメージが変遷してきたのは、自分が見えるものが広がってきたからなのでしょう、きっと。

さて、あなたの場合はいかがでしょうか?
あなたの頭の中にある「できる人」とやりたいことはイコールですか?

先ず、それを明確にすることが大切かもしれませんね。

-ITエンジニアのキャリア, その他のスキル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緊張をほぐす

日経BPムック「実践仕事ができる人の話し方」によると、自分の話しかたや説得力について、問題があると思う原因の1番は、 「人前で緊張してしまう」 というものでした。 今回は、この「緊張」をテーマとして扱 …

メタ・モデル2

前回に続き、メタ・モデルを取り扱っていきます。 ※メタ・モデルの詳細はこちら 目次1 メタ・モデル具体例1.1 (1)一般化1.1.1 ≪ ”~できない” ≫1.1.2 ≪ 普遍的数量詞 ≫1.2 ( …

叱る

管理職の悩みの1つに、 「部下を叱れない」 「叱り方がわからない」 と、いう悩みがあります。 話を伺っていると、その理由には大きく2つのものがあるようです。 自分が若い頃に厳しい上司の下で苦労をしたの …

なりたい自分

なりたい姿を明確にする

目次1 なりたい姿を明確にする2 3人のレンガ職人の話し3 アウトプットのすすめ なりたい姿を明確にする まずは、あなたがどんな人に見られたいかを、書きだしてみて下さい。 ●あなたは、どんな風にみられ …

ときどき立ち止まる

前回、「質問を繰り返す」をテーマとしましたが、なぜ、そのテーマを選んだのか。 それを、今回は書きたいと思います。 目次1 人はそれぞれ2 思考の癖3 ときどき、立ち止まってみる 人はそれぞれ 私たちの …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。