ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

その他のスキル

その人を観察する

投稿日:

観察する

コミュニケーションが上手い人たちの特長の1つに「相手を観察する」と、いうことがあります。

その人の表情、
その人の声、喋り方、話す内容、使う言葉、
その人の姿勢、
その人の服などの身に着けているもの、
その人の髪型、
その人のしぐさ・・・

観察するポイントは山ほどあります。
これを全部観察するなんて無理な話ですよね。

特に慣れないうちは大変だと思います。

じゃあ、どうすればよいのでしょう。
  
私がお勧めする、観察の仕方を2つ後紹介します。
  
 

特定のポイントに絞って観察する

例えば、ある生命保険会社の支店長からこんな話を聞いたことがあります。

「営業から部下が帰ってくると、足音を聞くんです。
 その人の足音、歩き方で上手く行っているかどうかがすぐわかる。」

そして、何か気になることがあれば、タイミングをみて声をかける。
そんなことをしているんだと、彼は教えてくれました。

こんなふうに、あるポイントについて見る方法があります。

全体をぼ~っと見る

これは、アセッサーをしていた方から教えてもらった方法です。

やり方は簡単です。

その人を観察するときに、何か特定のものだけに注目するのではなく、その人の全体をぼ~~~っと見る。

この、ぼ~~~っと見るというところが、とても大切なポイントになります。

例えば、その人の表情だけに注目すると、他のことに目がいかなくなりがちです。

でも、ぼ~~~っと見ていると、全く思ってもいなかったことが見えてくることがあります。    

コーチ時代、研修のオブザーブをしているときに、後ろの席に座って、よくこれをしていました。

この、ぼ~~~っと見る、を続けていたことが、いつの間にやら癖になっていたようです。

だから、人と会うと、無意識のうちに空気というか、雰囲気を見ているのかもしれません。

結構、色々なものが見えてくることがあります。
ぜひ、皆さんも試してみてください。
   
例えば、部下をお持ちの上司の方。

部下を観察することは、
部下とうまくコミュニケーションをとるポイントの1つです。

部下を観察し、
彼らが何に興味を持っているのか、
彼らが何に悩んでいるのか、
今日の体調はどうなのか・・・

部下を観察してフォローすることも、
上司の大切な役割ではないかと私は思います。

-その他のスキル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外的動機付けと内的動機付け

目次1 正論では動けない2 強制されても動けない3 北風と太陽 正論では動けない 若い頃とくらべると、温厚になった私ですが、基本的に人から命令されることがあまり好きでは無いようです。 あるセミナーに出 …

笑声

目次1 笑声とは?2 笑声を使うタイミング3 実践!! 笑声とは? 私がこの言葉をはじめて聞いたのは、数年前のこと。 社内のビジネスマナー研修の中で、でてきた言葉でした。 みなさんは、この「笑声(えご …

叱る

管理職の悩みの1つに、 「部下を叱れない」 「叱り方がわからない」 と、いう悩みがあります。 話を伺っていると、その理由には大きく2つのものがあるようです。 自分が若い頃に厳しい上司の下で苦労をしたの …

パーソナル・スペース

”パーソナル・スペース”という言葉をご存知でしょうか? パーソナル・スペースとは、相手との物理的な距離のことで、他者に侵入されると不快に感じる空間のことをいいます。 例えば、あなたの知らない人が、自分 …

誉める

以前ご紹介をしたように、「誉める」ことは、は承認の1つです。 ⇒ 承認    今回は、誉め上手とそうでない人の違いを見ていきましょう。 目次1 普通の人2 誉め上手3 誉めない人4 実践!! 普通の人 …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。