身体のこと

健康のこと、美容のこと
  • 2020.10.03
  •            
  • 2021.10.16
  • ,

睡眠の質が、アクティブの秘密?

最近仲良くなった人で、とってもアクティブな方がいます。 年齢は私より4つ上。よく一緒にお酒を飲みに行ったりしているのですが、いつもとても元気なんです。 それに比べて、私は疲れがたまりやすいようで、無理をすると帯状疱疹がでたり、咳がとまらなくなったり。「体力がないからしようがない」とあきらめていました。 アクティブな友達 その方のお名前を、Aさんとします。 その日も、Aさんに誘われてお酒を飲んでいま […]

  • 2020.07.24

円形脱毛症になりました。

タイトル:円形脱毛症になりました。 1年ほど前のことです。 ある日突然、円形脱毛症になりました。 正確にいうと、ある日突然、円形脱毛症になっていることを知りました。 今はまだ、毛の長さは短いですが髪の毛もはえ、 あとは周りの毛と長さがそろうのをまつだけになっています。 今回はじめての経験で、 「このまま髪の毛が全すべて抜けていってしまうのではないか」と、 とても不安でした。 一時は、カツラを買う覚 […]

  • 2016.03.29

不眠を解消する方法

不眠を改善するための方法。 その中でも簡単に、そして、すぐに実践できるものをまとめています。 毎日同じ時刻に起きる 仕事がある平日は毎日同じ時間に起きているけれど、週末は、寝不足解消にいつもよりゆっくりと遅い時間まで寝てしまう。 多くの人がやっている、この方法はあまりおススメできません。 例えば、あなたが毎朝7時に起きているとします。 すると、目覚める3時間前の4時頃から、目覚めのホルモンであるコ […]

  • 2016.03.19

睡眠のメカニズム

眠りのメカニズム 人生の1/3を占める睡眠。 私たちが眠気を感じるとき、身体の中では2つの仕組みが働いています。 1つが「睡眠恒常性維持機構」、もう1つは、「体内時計機構」です。 睡眠恒常性維持機構 眠気を誘発するひとつめの仕組みである睡眠恒常性維持機構。 「疲れたから眠る」が、これにあたります。 私たちが目覚めている間、脳には疲れが蓄積されていきます。すると疲労した脳は、回復しようとして休息を取 […]

  • 2016.03.14
  •            
  • 2016.03.17

不眠の種類~4つのタイプ

現代はストレス社会と言われています。 また、夜型の生活により 睡眠の問題を抱える人が多くなってきています。 現在の日本では、 5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えており、誰もが不眠症に陥る可能性があります。 不眠症の定義 「不眠症」に定義があることを知っていますか? 不眠症とは 眠れない 1ヶ月以上続く 日中の生活に支障がある これが全て揃うと、『不眠症』と診断されます。 ですので、海外旅行や出張で […]

  • 2016.03.14

日本人は睡眠不足

先日、産業カウンセラーのセミナーで、 「睡眠」に関することを学んできました。 睡眠のことはそれなりに理解しているつもりでしたが、間違えて覚えていることもありとても勉強になりました(^-^ 私もそうでしたが、IT業界で働く人は、とくに睡眠に関する悩みを抱えている人が多いようです。自分の備忘録もかねて、学んできたことをまとめてみたいと思います。 睡眠の現状 私たち日本人は、 3人に1人は眠りに問題を抱 […]

「貧血」治療について

2015年10月の頭に、健康診断を受診しました。 結果は、再検査で「貧血」とのことでした。中学生の頃、貧血気味ではあったのですが、今まで「貧血」と言われたことはなく正直驚きました。 再検査 地元にある内科で再検査をしました。検査にいったのは最近できた内科クリニック。30代半ばくらいの元気で感じのよい先生でした。 先生からはこう説明を受けました。「血液検査の結果をみないと確定はできませんが、「貧血」 […]

子供のころからの不眠、引越しでよくなったその理由

子供のころからの不眠、引越しでよくなったその理由 子供のころから「不眠」に悩まされていました。 ベッドに横になってもなかなか寝つけない。 新聞配達がくる時間になっても眠ることができない。 「生まれつきだからしようがない」と 思っていた不眠が、今の住まいに引っ越ししたことで、 かなり改善されました。 改善された理由と、それまでの体験を書いてみたいと思います。 [adsense] 子供のころ ~ 同じ […]