スポンサーリンク

Qt:文字列の比較

Qtでの文字列操作。基本的には、QStringクラスでたいていの処理ができます。

環境:QT5.5

スポンサーリンク

文字列の比較

※Qt::CaseSensitiveを指定すると大文字小文字を区別、
 Qt::CaseInsensitiveを指定すると大文字小文字を区別なく比較できます。

文字列の完全一致

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
// 比較
// QString str1;
// QString str2;
//
 if ( str1.compare(str2, Qt::CaseSensitive) == 0 ) {
   	// str1とstr2は同じ文字列(完全一致)
 
 } else {
  	// 一致しない場合
 }
 
// シンプルに以下の方法でも比較はできます。
if ( str1 == str2 ) {
      // 一致
}

指定文字列を含むか?

1
2
3
4
5
6
7
8
9
// 文字列を含む
// QString str1;
// QString str2;
if ( str1.contains(str2, Qt::CaseInsensitive) == 0 ) {
	// str1はstr2を含む
} else {
 
	// str1はsrt2を含まない
}

指定文字列で始まるか?

1
2
3
4
5
6
7
8
// 指定文字列で始まる
// QString str1;
// QString str2;
if ( str1.startsWith(str2, Qt::CaseInsensitive) == true ) {
	// str1はstr2で始まる
} else {
	// 始まらない
}

指定文字列で終わるか?

1
2
3
4
5
6
7
8
// 指定文字列で終わる
// QString str1;
// QString str2;
if ( str1.endsWith(str2, Qt::CaseInsensitive) == true ) {
	// str1はstr2で終わる
} else {
	// 終わらない
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました