ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

その他のスキル

メタ・モデル2

投稿日:2016年10月8日 更新日:

メタモデル

前回に続き、メタ・モデルを取り扱っていきます。
※メタ・モデルの詳細はこちら

メタ・モデル具体例

今回は、前回紹介しきれなかったメタ・モデルの事例をお伝えしていきます!!

(1)一般化

≪ ”~できない” ≫

「これ以上、あなたとは一緒に仕事はできません!」

突然、こんなことを言われたらびっくりしてしまいますね。

”~できない”という場合、本当にできないことである場合と、自分で限界を設定してしまっているケースがあります。

例えば、

「私は空を飛ぶことはできません。」

は、不可能なことです。少なくとも私は空を飛べません。

一方、

「これ以上、彼と一緒に仕事はできません!」

の場合は、自分で限界を設定している例になります。

以前、コーチング・セッションの中でこんなことがありました。
 
「性格的に、他人に聞くことができないんですよね。」

すかさず、コーチは私に、こう質問してきました。

「ひろみさん、人に聞いたらどうなるの?」

”あれっ?”と、思いました。

考えるまでもありません。
他人に聞いたからって何も悪いことは起こらないし、それどころか、わからないことは他人に聞いてしまったほうが早いですよね。

そんな簡単なことに、コーチから質問されるまで気づかなかったのです。

もし、誰かが「~できない」と口にしていたら、
「もし、それを続けたらどうなっちゃうの?」と、質問してみてください。

以外と、面白い答えが返ってくるかもしれませんよ。

≪ 普遍的数量詞 ≫

「社員はみんなそういってますよ」 
「部長はいつも、私の提案に反対するんです。」

こんなふうに、私たちは、少数の例をグループ化して話すことがあります。
    
ところが尋ねていくと、たいてい、”みんな”や”いつも”ではないケースがほとんどです。

「みんなそういってます」

を、よくよく聞いていったら、実はその人だけだった・・・
なんて笑い話のようなケースもあります。

「社員はみんなそういっていますよ。」
 ⇒ 「違う意見の人は一人もいなかった?」

「部長はいつも、私の提案に反対するんです。」
 ⇒ 「反対しないことは1度もなかった?」
    
”みんな”とか、”いつも”といった言葉が出てきたら、こう切り替えしてみましょう!

(2)歪曲

≪ 前提 ≫

    
「なぜ、もっと努力しないの?」     

この表現には、”あなたは努力していない”という前提が含まれています。
     
発言者にその気はなくても、そう受け取られる可能性があります。

これはポジティブかつ、具体的な表現に変えることで、誤解を避けることができます。

例えば、もう少し仕事のスピードを早くして欲しいのであれば、

「今も十分頑張っていると思うのだけど、今より仕事のスピードを早くすることはできないかな。」
     
1度現状を認めてから、提案をする。
それだけで、随分受け取りやすくなります。

≪ 読心術 ≫

     
「あいつはやる気がないんだよ。」
     
私たちは何も根拠がないのに、他人の考えが自分にはわかると独断してしまうことがあります。

これを”読心術”と呼んでいます。
     
本当に”読心術”ができればいいのですが、残念ながらそんな人はほとんどいません。

なので、こういった場合には言葉をそのまま、うのみにせずに、なぜそう思ったのか理由を尋ねてみる必要があります。

遅刻が多いのかもしれない、
あるいは、仕事が遅いだけかもしれない。
もしくは、本当にやる気がないのかもしれません。

少なくとも、本当にやる気がないのかどうかは本人に確認してみないとわからないですよね。

ここまで、いくつかの事例をご紹介してきました。

いかがだったでしょう。

普段は無意識に使っている言葉、それを、こうして観察してみるとなかなか面白いものです。

ぜひ、皆さん自身、そして、皆さんの周りにいる人たちの言葉を観察して楽しんでみてください。 

  参考書籍  
  NLP―超心理コミュニケーション 神経言語プログラミング高橋 慶治
  価格:¥ 2,940(定価:¥ 2,940)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4925041177/ref=nosim/?tag=communicatman-22

実践!!

次のことを実践してみましょう!!

  1. 自分は普段どんな表現(省略、一般化、歪曲)を使う傾向があるか意識してみて下さい。

実践してみての結果は、いかがだったでしょう?

大抵の人は、会話を効率よくスムーズにするために、ほぼ全てのものを使っています。

誰かと話しをしているときに、なにかもやもやしたものを感じるたり、腑に落ちなかったり・・・
そんなときには、メタ・モデルを活用してみるのも良いかもしれません。

メタ・モデルの活用法として、面白いものがありましたのでご紹介します。それは、メタ・モデルを自己分析に使う方法です。

やり方は簡単です。

先ず、自分自身について分析したいと思うことを紙に書き出します。

例)「私は、考えてばかりでなかなか行動できない。」
 
次に、この文章がどのメタ・モデルにあてはまるのかを考えます。
ちなみに上記の例は、一般化の”~できない”に当てはまります。

そして、そのメタ・モデルに対抗する質問を投げかけます。
  
「敢えて、行動をしたらどうなるのか?」
「何があなたをそうさせないのか?」

敢えて行動したら…
いろんなことがもっと早く進んでいくでしょう。行動したほうが良さそうですね。

私を、そうさせない理由・・・
行動することが面倒くさいのと失敗するのが怖いから。いつも最初の一歩を踏み出すまでが大変なんです、でも、その一歩させ踏み出してしまえば後は大丈夫。
   
こうしてみると、とにかく最初の一歩を踏み出すことがポイントだということがわかります。

こんな風に質問をしていくことで、自己分析ツールとして使うこともできます。
(ちなみに、上記は私の例ですw)

-その他のスキル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誉める

以前ご紹介をしたように、「誉める」ことは、は承認の1つです。 ⇒ 承認    今回は、誉め上手とそうでない人の違いを見ていきましょう。 目次1 普通の人2 誉め上手3 誉めない人4 実践!! 普通の人 …

質問を繰り返す

質問を繰り返す

目次1 やりたいことがわからない2 質問を繰り返す3 やりたいことが明確になったら、アウトプットする やりたいことがわからない 今の私には、やりたいことが沢山あります。 そんな私ですが、数年前までは違 …

話をさせる 1対多の場合(ファシリテーション)

今回は、『話しをさせる』がテーマです。 多数の人を相手に話しをする場合にも、1対1のコミュニケーションが基本です。 N人の相手をするのであれば、そのN人と、1対1のコミュニケーションをする。 そんな意 …

できる人

できる人とは?~イメージを具体化する

目次1 「できる人」とは?2 具体的にするために、アウトプットする3 できる人とは? 「できる人」とは? できる人、ってどんな人なのでしょう? よく使われる言葉ではあるのですが、 「それじゃぁ、できる …

叱る

管理職の悩みの1つに、 「部下を叱れない」 「叱り方がわからない」 と、いう悩みがあります。 話を伺っていると、その理由には大きく2つのものがあるようです。 自分が若い頃に厳しい上司の下で苦労をしたの …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。