ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

その他のスキル

リサイクル・クエスチョン

投稿日:

リサイクル

リサイクル・クエスチョン

リサイクル・クエスチョンとは、
『相手が以前、話題としたことを持ち出して質問すること』をいいます。
相手の話題を再利用するから、“リサイクル”なんですね。

話題が脱線して、本題からずれていってしまったとき。
そんな時に、使える質問が”リサイクル・クエスチョン”です。

例えば、お客様にある商品の売り込みをしていたとします。
  
ところが、このお客様はとても話好きな方でどんどん違う方向へ話しが進んでいきます。気がつけば、お客さんの趣味のゴルフの話に・・・

話を聞いたふりをしていますが、あなたは、気が気ではありません。なんとか、商品の売り込みの話に戻したいですよね。

そんなときに、”リサイクル・クエスチョン”の出番です!

「あれ・・そういえば先ほど、××さんは、○○と仰っていらっしゃいましたよね?」

というように、話しが脱線する前に話していたことを、質問するのです。

こうすることで、本題に戻すことができる可能性がでてきます。

話しの流れをコントロールする

コーチングのセッションは通常30分~40分。
限られた時間を、有効に使う必要があります。

本題から脱線することも、時には有効なのですが、ある程度話しの流れをコントロールする必要があります。

例えば、意図的にあるテーマについて話してほしい場合があります。そんな時は、前述のように、クライアントが以前話したことを質問する。

もちろんこのときには、自分が進めたい方向に関係のある質問である必要があります。

部下との会話に話しを持っていきたいのであれば、

「そういえば、以前、××さん、出張が多くて部下と会話する時間がとれないと仰られていましたよね?」

こんな質問をして、”部下との会話”に話題を持っていくのです。
  
このときのポイントは、いかにも、今思いついた、そんな風に話すことです。

「そういえば・・・」
「あれ・・」
「ちょっと思い出したんですけれど・・・」

などの枕詞を使って、自然に話すことがポイントです。

なかなか使える質問ですので、機会があれば皆さんもぜひ活用してみてください!  

実践!!

次のことを実践してみましょう!!

  1. リサイクル・クエスチョンを活用して、話しの流れをコントロールしてみましょう!

個人的にはこれ、かなり使えるスキルだと思っているのですが、リサイクル・クエスチョン、いかがでしたか??

リサイクル・クエスチョンとはちょっと違いますが、話しの流れをコントロールする方法がもう1つあります。

リサイクル・クエスチョンの場合には、

『相手が以前、話題としたことを持ち出して質問する』

というものでしたが、うまく思い出せない場合もあります。

そんな時は、相手ではなく、自分が思いついたことを質問してしまいましょう。

どういうことかというと、先ず、
   
「あの、今ちょっと思ったことがあるんですが話してもいいですか?」
   
とか、
  
「今、××さんのお話しを伺っていて、気がついたことがあるんですがお話しても良いでしょうか?」

といったように、前置きをします。

こう言われたら大抵の人は「No」とはいえませんよね。

それから、自分の考えや思いを伝える。そうすることで、話の流れを変えることができます。

これも、私がよく使う手です。

と、偉そうな話を書いてしまいましたが、実際のところは、コントロールするというよりは、気になったこと、気がついたこと、思いつたことをただ伝えていたりするだけなんですけれどね。
 
それでも、話の流れを変えるためには有効な手段の1つですのでぜひ活用しつてみてください!

-その他のスキル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マジックフレーズ、感謝の言葉を伝える

今回は、3つ目のマジックフレーズ、感謝の言葉を伝えるです。 感謝の言葉として、最も良く使われる言葉が「ありがとう」と、いう言葉ではないでしょうか。 目次1 「ありがとう」の由来2 マズローの欲求5段階 …

誉める

以前ご紹介をしたように、「誉める」ことは、は承認の1つです。 ⇒ 承認    今回は、誉め上手とそうでない人の違いを見ていきましょう。 目次1 普通の人2 誉め上手3 誉めない人4 実践!! 普通の人 …

メタ・モデル2

前回に続き、メタ・モデルを取り扱っていきます。 ※メタ・モデルの詳細はこちら 目次1 メタ・モデル具体例1.1 (1)一般化1.1.1 ≪ ”~できない” ≫1.1.2 ≪ 普遍的数量詞 ≫1.2 ( …

誤りを認める(謝る)

今回のテーマは、「誤りを認める」、つまり、「謝る」です。 目次1 マジックフレーズ2 相手に非があると考えられる場合3 自分に非があると考えられる場合4 実践!! マジックフレーズ 先手で使うと不思議 …

パーソナル・スペース

”パーソナル・スペース”という言葉をご存知でしょうか? パーソナル・スペースとは、相手との物理的な距離のことで、他者に侵入されると不快に感じる空間のことをいいます。 例えば、あなたの知らない人が、自分 …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。