ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

その他のスキル

笑声

投稿日:

笑声とは?

私がこの言葉をはじめて聞いたのは、数年前のこと。
社内のビジネスマナー研修の中で、でてきた言葉でした。

みなさんは、この「笑声(えごえ)」という言葉を、ご存知でしょうか?
コールセンターなど声の印象を大切にする職業の方々の間では、わりと知られている言葉のようです。

笑声とは、
笑顔で話す声、つまり口角を上げて話す声のことです。

”声の笑顔”なんて呼び方をされることもあるようです。
素敵な言葉ですね。

例えば、「おはようございます。」という挨拶。

(1)笑声で(口角をあげて)話す
(2)普通に話す
(3)口角を下げて話す

できれば鏡でチェックしながら、この3パターンを使い実際に声に出してみてください。

そろぞれ、声のトーンや、高さが微妙に変わってきます。

このメルマガを書きながら私もやってみましたが、
(3)は最悪でした。不機嫌そうな表情に、通常より低めの声。
  
それと比べると、(1)は顔の見てくれはどうあれ、明るく、爽やかな印象になります。声も軽やかな感じです。

笑声を多用する人と、いつも口角を下げて話している人。
ちょっとした違いが、これだけあなたの印象を変えてしまうのです。
 

笑声を使うタイミング

できることなら、常に笑声を意識していたいところですが、なかなかそうもいかないのが辛いところ。

最初は、できるところから使ってみましょう。

効果的なのは、先ず、挨拶。

「おはようございます。」
「こんにちは。」
「お疲れ様でした。」
「お先に失礼します。」

そして、お礼の言葉。

「ありがとうございました。」

などは、ぜひ、笑声を使いたいところです。

それから、顕著に声の表情が出てしまう電話。
お客様に電話をかけるとき、受けるとき、笑声を意識してみましょう。

最初の一声、それを笑声ではじめるだけでも、相手に伝わる印象は全然違ってきます。

そして、笑声を使うときには、うつむかないようにしましょう。
喉が圧迫されて、こもった声になってしまいますので。
そこだけご注意下さい。(^-^)

実践!!

次回までに、次のことを実践してみましょう!!

  1. 挨拶をするとき、笑声を実践してみましょう。鏡の前で練習してみるのもお奨めです。

-その他のスキル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

承認

今回のテーマは『認める』です。 コーチングでは、承認(acknowledgment)とも言われています。    目次1 認めることのメリット2 行為承認と存在承認2.1 行為承認2.2 存在承認3 承 …

メタ・モデル

今回ののテーマは”メタ・モデル”です。 おそらく・・・ ほとんどの方が聞いたことのない言葉ではないかと思います。 目次1 メタ・モデルとは?2 メタ・モデル具体例2.1 (1)省略2.1.1 ≪ 名詞 …

誉める

以前ご紹介をしたように、「誉める」ことは、は承認の1つです。 ⇒ 承認    今回は、誉め上手とそうでない人の違いを見ていきましょう。 目次1 普通の人2 誉め上手3 誉めない人4 実践!! 普通の人 …

外的動機付けと内的動機付け

目次1 正論では動けない2 強制されても動けない3 北風と太陽 正論では動けない 若い頃とくらべると、温厚になった私ですが、基本的に人から命令されることがあまり好きでは無いようです。 あるセミナーに出 …

パーソナル・スペース

”パーソナル・スペース”という言葉をご存知でしょうか? パーソナル・スペースとは、相手との物理的な距離のことで、他者に侵入されると不快に感じる空間のことをいいます。 例えば、あなたの知らない人が、自分 …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。