スポンサーリンク
ホーム»プログラミング»調査» プログラミング初心者が挫折する理由
a

プログラミング初心者が挫折する理由

2021年11月20日、initがプログラミング学習に関する調査結果を発表しました。

プログラミング学習経験者300人を対象に調査をしたところ、
86%の人がプログラミング学習で「挫折」を経験していました。

最も多い理由は、「分からないことが多過ぎること」。

詳しい内容は、以下をご覧ください。

スポンサーリンク

プログラミング学習で辛いと感じた時期はいつか

つらいと感じた時期
一番多いのは「1カ月以内」で38%。それから、3ヶ月以内22%、1年以内17%、半年以内17%が続きます。

プログラミング学習で最も辛いと感じることは

辛いと感じること

「分からないことが多過ぎる」が31%と最も多く、続いて、「エラーの解決に時間がかかる」25%、「今の学習方法が正しいのか不安になる」15%、「自分には向いていないと感じる」8%、「何を学習すればいいか分からない」7%となっています。

プログラミングの学習方法

「書籍」30%が最も多く、「YouTubeやUdemyなどの動画サイト」26%、「学校」15%、「プログラミングスクール」11%と続きます。

プログラミング学習で挫折しないために必要なもの

「不明点を気軽に聞ける環境」43%、「プログラミング学習が楽しいと思える環境」16%、「自分に合うカリキュラム内容」10%がトップ3となっています。

プログラミング初心者が挫折する理由のまとめ

いかがだったでしょうか?

エラーの解決に時間がかかると、辛いですよね。
私も、プログラミング初心者の頃は、エラーが解決できませんでした。

ところが、先輩は、いとも簡単にエラーを解決してしまうのです。

それを見て、自分はやっていけるのかと、
不安に感じたことを覚えています。

けれど、1年、2年と経験を積むと・・・
以前は解決できなかったエラーが、解決できるようになっていました。

ほとんどの人が、
似たような経験をしているのではないかと、思います。

この記事を読んで、「不安なのは自分だけではないんだ」
そう思っていただけたら何よりです。

※参考にさせて頂いたサイト

約6割が「プログラミング学習を始めて3カ月以内に挫折を経験」 initがプログラミング学習に関して調査
initは2021年11月20日、プログラミング学習に関する調査結果を発表した。それによると86%が「プログラミング学習で挫折を経験したことがある」と回答した。
タイトルとURLをコピーしました