スポンサーリンク
ホーム » プログラミング » スクール » 専門実践教育訓練給付金制度とは、図解でわかりやすく解説してみました
a

専門実践教育訓練給付金制度とは、図解でわかりやすく解説してみました

専門実践教育訓練給付金制度って何だろう?受給するための資格や、受給方法ってどうなっているの?

そんな疑問をもつ方のため向けの記事です。
図やイラストをつかって、わかりやすく説明しています。

スポンサーリンク

専門実践教育訓練給付金制度とは

専門実践教育訓練給付金制度は、教育訓練給付制度の1つ。

最大で受講費用の70%の支給を、国から受けられる制度です。

ここで1つ注意点があります。
最大70%の給付金をもらうためには、講座の終了後、1年以内に就職(雇用保険の被保険者となること)することが必要です。

受講中 終了後
受講費用の50%(年間上限40万円)が訓練受講中6か月ごとに支給 資格取得等をし、かつ訓練修了後1年以内に雇用保険の被保険者として雇用された場合は、受講費用の20%(年間上限16万円)が追加で支給

また、どのプログラミングスクールでも給付が受けられるわけではありません。
プログラミングスクールの講座が、経済産業大臣から職業実践力育成プログラムとして認定される必要があります。

専門実践教育訓練給付金制度の給付条件・対象

専門実践教育訓練給付金制度をつかって、給付金をもらうためには条件があります。
まず、条件についてみてみましょう。パートやアルバイト、派遣で働いている期間も対象となります。

初めて給付金をもらう場合と、2回目以降では条件が違います。

ちなみに、受講開始日とは通学生の場合は開講日、通信制の場合は教材の発送日です。
開講日は、通学初日ではないこともありますので、しっかりと確認しておきましょう。

初めて給付金を受給する場合

次の2つの条件を、満たしている必要があります。

  1. 対象コースの受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること
  2. 在籍中、または離職後1年以内であること

具体的に例をみてみましょう。

次の図は、雇用保険に加入していた期間が3年以上で、離職してから1年以内です。
この場合、条件を満たしているので、至急対象となります。

支給要件期間の例1
※クリックすると、図が大きくなります。
参考:厚生労働省ホームページ

2回目以降の給付金受給の場合

前回の受講開始日から、次の受講開始日まで通算3年以上、雇用保険に加入していることが必要です。

こちらも具体的に例をみてみましょう。
次のように、雇用保険に加入していない期間があっても期間が1年以内であれば大丈夫です。

下の図の①は期間が1年以上あいているので、①の後の期間からが対象となります。
②は雇用保険に加入していない期間が1年未満なので、1年+2年で3年とカウントされます。

支給要件期間の例2
※クリックすると、図が大きくなります。
参考:厚生労働省ホームページ

給付条件の確認

・・・と、言葉で書いても難しいですね。
受給資格があるか、次の質問に答えると確認することができます!

受給資格確認シート
※クリックすると、図が大きくなります。
参考:厚生労働省ホームページ

給付資格があるかどうかは、管轄のハローワークでも確認することができます。

専門実践教育訓練給付金制度の手続きと必要書類

給付金を受けるためには、コースを受ける前に手続きが必要です。

手続きは、次の流れで行えます。

給付金受給手続き

ステップ1 訓練前キャリアコンサルティング
ハローワークで受けることができます。キャリアコンサルティングは、どのハローワークでも受けられます。
ステップ2 受給資格確認
受講開始日の1ヵ月前までに、管轄のハローワークで行います。管轄のハローワークは、住んでいる場所で決まります。
ステップ3 講座を受講、修了
給付対象の講座を受講、修了します。
ステップ4 支給申請
修了日の翌日から、1カ月以内に管轄のハローワークで申請します。

専門実践教育訓練給付金制度のまとめ

いかがでしたでしょうか?

専門実践教育訓練給付金制度をまとめると、次のようになります。

  • 最大受講費用の70%を給付金としてもらえる
  • 受給するためには、一定期間、雇用保険に加入している必要
  • 初めて給付金をもらう場合と、2回目以降では条件が違う
  • 事前にハローワークで申請が必要

また、70%の給付金をもらうためには、コース終了後、1年以内に就職することが必要です。

教育給付金は、とても便利な制度です。

決して安くはない、プログラミングスクールの費用。
もし、専門実践教育訓練給付金制度の対象になっているのであれば、ぜひ、活用しましょう。

最後に、専門実践教育訓練給付金制度の対象となっている、プログラミングスクールの一覧を掲載しておきます。

スクール/コース 給付金を利用した場合の費用
DMM WEBCAMP COMMIT 910,800円(税込)
⇒340,800円(税込)
タイトルとURLをコピーしました