ホーム » プログラミング » プログラミングとは何か、わかりやすく簡単に説明してみました
a

プログラミングとは何か、わかりやすく簡単に説明してみました

プログラミングとは、何でしょうか?

プログラミングを知らない人、
プログラミングを経験したことがない人にとっては、
なんだか難しそうなモノに見えるかもしれません。

この記事では、
プログラミングがどのようなモノか、いろいろな角度から説明をしいていきます。

 

ぜひ、あなたがしっくりくる説明を、探してみてください!

プログラミングとは?

プログラムを作ることを、プログラミングといいます。
プログラムとは、コンピューターへの命令を書いたものです。

と、書いても、なかなか分かりにいですよね。

身近なプログラミング

あなたは、計算機をご存じですか?

そうです。
計算機を使えば、いろいろな計算が簡単にできますよね。

例えば、100+10 を計算する場合、次のようにします。

    1. 100 を打つ
    2. 「+」ボタンを押す
    3. 10 と打つ
    4. 「=」ボタンと押す
    5. 画面に、110と表示される。

このように、計算機に1つ1つ指示(命令)をすると、さまざまな計算をしてくれます。

プログラミングの場合も、
コンピューターに1つ1つ指示(命令)をして、さまざまな処理をしてもらいます。
プログラミングの場合は、命令をするために、プログラミング言語を使います。

人が理解する言葉と、コンピュータが理解できる言葉

「コンピューターに命令する」と為には、コンピューターが理解できる言葉を使う必要があります。

ところが、コンピューターがわかる言葉を人が理解することは、とても大変です。
100+10のような簡単な計算するだけでも、沢山の命令を書かなければいけません。

そこで、人がコンピュータに命令しやすいように作られたのが、プログラミング言語です。

プログラミング言語は、人にとっては理解しやすい言葉です。
けれど、コンピューターは、プログラミング言語を理解することができません。

それでは、どのようにして、コンピューターに命令をするのでしょうか?

実は、英語を日本語に翻訳するように、
プログラミング言語から、コンピューターがわかる言葉(機械語)に翻訳をしています。

翻訳をすることで、私たち人間が書いたプログラムを、機械が理解できるようになるのです。

プログラミングの具体例

それでは、プログラミングがどのようなものなのか、
具体的にみてみましょう。

例えば、名前と電話番号がかかれたファイルから、
「鈴木」さんの電話番号を探す場合に、どのようにコンピューターに命令をするかを見てみましょう

ファイルの名前は、「電話.txt」とします。
ファイルには、次のように書かれています。

佐藤 090-1234-XXX1
小林 090-1234-XXX2
鈴木 090-1234-XXX3
山田 090-1234-XXX4
川上 090-1234-XXX5

コンピューターへは、次のように命令をしていきます。

  1. 先ず、ファイル「電話.txt」を開きます。
  2. ファイルの1行目を読みこみます。
  3. 読み込んだ1行目に、「鈴木」という文字が入っているか調べます。1行目には、「鈴木」という文字は入っていませんので、次に進みます。
  4. ファイルの2行目を読み込みます。
  5. 読み込んだ2行目に、「鈴木」という文字が入っているか調べます。2行目には、「鈴木」という文字は入っていませんので、次に進みます。
  6. ファイルの3行目を読み込みます。
  7. 読み込んだ3行目に、「鈴木」という文字が入っているか調べます。3行目には、「鈴木」という文字が入っています。「鈴木」さんの電話番号をみつけましたので、画面に3行目の「鈴木 090-1234-XXX3」を表示します。「鈴木」さんの電話番号がみつかりましたので、ここで処理を終わります。

これを、プログラムっぽく書くと、次のようになります。

 


    "電話.txt"というファイルを開きます。 
    "電話.tet"の先頭から最後まで1行ずつ読み込みます { 
        読み込んだ行の先頭が"鈴木”かどうか調べます { 
            もし、"鈴木”が入っていたら、画面に表示して、処理を終わります。 
            含まれていない場合は、処理を繰り返します。 
        } 
    } 
    "電話.txt"というファイルを閉じます。 
}

これを、PHPで書くとこうなります。

<?php
    // ファイルを開く
    $file = fopen("tel.txt", "r");

  // ファイルから1行ずつ読み込む
    while ($line = fgets($file)) {

        // 読み込んだ行に、”鈴木”が含まれているか調べる
        if (0 === strpos($line, "鈴木") {
            echo $line;
            break;
        }
    }

    // ファイルを閉じる
    fclose($file);
?>

C++で書くとこうなります。

#include 
#include 

int main(int argc, char* argv[]){
    ats::string str;
    FILE* fp; 

  // ファイルを開く
    fp = fopen("tel.txt", "r");
  
    // ファイルから1行ずつ読み込む
    while((str = fgetc(fp)) != EOF){

        // 読み込んだ行に、”鈴木”が含まれているか調べる
		    if (str.find("鈴木") == 0) {
			      std::count << str << std::endl; 
            break; 
        } 
    } 

    // ファイルを閉じる
    fclose(fp);
    return 0;
}

※プログラムが動作するか、実際に確認はしていませんので、ご了承ください(^^ プログラムのイメージができればOKです。

どのプログラミング言語を使うかで、書き方が違うことがわかりますね。
こうして、コンピューターへの命令を書くことがプログラミングです。

少し、イメージができたのではないでしょうか。

プログラミングとは、まとめ

何を書いているかわからない・・という方も安心してください!

プログラムの書き方は、ある程度、決められています。

最初はちょっと大変ですが、このパターンを覚えて組み合わせることで、色々なプログラムを書けるようになっていきます。

また、ネットでプログラムの書き方を紹介している記事も沢山あります。
その記事を参考にすることもできます。私も、今回記事を書く上で、ネットで検索して参考にさせて頂きました。

プログラミングを理解するためには、実際にプログラムを書いてみることが1番の早道です。最初は、本やネット記事などをみながら、簡単なプログラムをそのまま書いてみるだけでも十分です。

初めて、プログラムが動いたときに「楽しい!」と感じたなら、
あなたには、プログラミングの資質があるかもしれません。

ぜひ、楽しんでプログラミングを学んでみてください!

⇒ 【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール

タイトルとURLをコピーしました