Windows:シュリンク(ディスク縮小)できない場合の対象法

Windows:シュリンク(ディスク縮小)できない場合の対象法

ディスクの容量が十分にあるにもかかわらず、縮小ができない場合の対処法。
自分の備忘録なので、ざっくり記載です。

移動できないファイルが存在する場合、ディスクの縮小ができなくなることがあり、以下で、縮小ができるようになる場合がある。

(1)ハイバネーションの無効化

コマンドプロンプト(管理者権限)で、以下のコマンドを実行。

powercfg.exe /hibernate off

(2)ページファイル

「コントロールパネル」⇒「システムのプロパティ」⇒「詳細設定」⇒「パフォーマンス(設定ボタン)」⇒「詳細設定タブ」⇒「仮想メモリ(変更ボタン)」

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」からチェックを外して、「ページングファイルなし」をチェックする。 

PCを再起動すると、ページファイルのサイズが0となる。

この時点で、縮小が出来るようになっていれば、ディスク縮小をしてから、上記と同じ手順で、「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックをいれて元に戻しておく。
※ページファイルが0のままだと、アプリが正常動作しなくなる可能性あります。

Windowsカテゴリの最新記事