ひろみのみ

IT、コーチング、人材紹介・派遣で働いてきました。ITに関する記事(Qtが多くなってしまいました)や、コーチングスキル、転職のこと、個人的な体験や最近購入したものなどを不定期に更新しています。

WordPress

STINGER5を使う5つの理由

投稿日:2015年5月23日 更新日:

WordPressにはいろいろなテーマがあります。

このサイトでは、「STINGER5」という無料のテーマを使わせて頂いています。

STINGER5との出会いは偶然でした。
私が、STINGER5を使うことを決めた理由、それは次の5つです。

スポンサーリンク

STINGER5を使う5つの理由

  1. アクセス数の多いブログで使われている
  2. HTML5とCSS3で書かれている
  3. レスポンシブWebデザインに対応している
  4. コードがシンプル
  5. STINGER5を使っている人が多い

アクセスの多いブログで使われていた

実は、STINGER5の存在をしったのはこの記事でした。

『ネットでお金を稼ぎたいならこの4つのブログを徹底的に調査せよ』
http://naifix.com/investigation/

やっぱり、「お金を稼ぎたい」という気持ちはありますので
素直に調査をしてみました。

ブログを見ているうちに、「もしかして、何かテンプレートを使っているのかな?」と思い確認をしました。

ブログで使われていたのテンプレートの1つがSTINGER5だったのです。

「アクセスの多いブログで使われているなら、
 きっと良いものに違いない。」

これが、私が「STINGER5を使ってみようかな」と
思ったきっかけです。(元SEとは思えない、ただの直観でした)

HTML5で書かれている

現在、HTMLの最新バージョンはHTML5です。
他にも、HTML4.01、XHTML1.0で書かれているサイトも多くあります。

私は、3年ほど前からHTML5でサイトを作成していたため、
慣れているHTML5で書かれていることが大前提でした。

新しいものが好きなこと、
HTML5はHTML4.01に比べて書きかたがシンプルなことも気に入っています。

使いはじめたころは、HTML5に対応していないブラウザもあり、
表示が崩れるなど問題も多くありました。

最近は、ほとんどのブラウザがHTML5に対応しており、
HTML5で作られたサイトも増えてきたので、普通に使えるようになってきています。

HTML5で書かれていたこと。

これが、2つめのポイントです。

レスポンシブWebデザインに対応している

レスポンシブWebデザインに対応していたこと。
これが3つめのポイントです。

「HTML5でレスポンシブWebデザイン対応」
これでほぼ、STINGER5を使うことを決めました。

2015年4月21日より、
Googleはモバイルフレンドリーアップデートを実施しました。

『モバイルフレンドリーアップデートの詳細』
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/04/rolling-out-mobile-friendly-update.html

スマホなどのモバイル端末から、Googleで検索をした場合、
モバイルフレンドリーなページの掲載順位が引き上げられるようになりました。

つまり、スマホ対応をしているサイトが検索画面では上位表示されるのです。

スマホの対応方法として次の2つがあります。

  • PCサイトとは別に、スマホで表示されるサイトを用意する。
  • レスポンシブWebデザインで対応する

デザインの自由度からいくと、
(1)のPCとスマホで別々に用意する方法が圧倒的に有利です。

ただ、管理するサイトのボリュームが増えるため手間がかかります。

私は、とてもそこまでの対応はできないため、
基本的にレスポンシブWebデザインで対応をしています。

STINGER5はこの点でもばっちりでした。

これが3つ目のポイントです。

コードがシンプル

以前は、WordPressにデフォルトでついてくるテンプレートを使っていました。

WordPressをインストールするとデフォルトで入っている
Twenty Fifteenとか、Twenty Fourteenとかいうやつです。

この、子テーマを作って対応していたのですが、
コードが複雑というか、スタイルシートをみていても「何をしているのかわからない」ということが、よくありました。

「こんなやり方があるのか」と、勉強にはなるのですが、正直大変です。

それと比べると、STINGER5のコードはシンプルでわかりやすいのです。
カスタマイズをする時にも、コードがシンプルなので、それほど悩まずに修正をすることができます。

これが4つめのポイントです。

使っている人が多い

導入してから、STINGER5をテンプレートとして使っている人が、とても多いことに気づきました。

使っている人が多いので、カスタマイズをするときに参考にできるサイトが沢山あります。これは、とてもありがたいことです。

これが5つ目のポイントです。

以上の5つの理由からSTINGER5を使わせて頂いています。

まだ使い始めて、1ヶ月もたたないのですが、とても満足しています。

まだ、カスタマイズはスタイルシートを少しいじったくらいで、ほとんど何もしていません。備忘録としてもそういった記事も書いていきたいと思います。

STINGER5のダウンロードはこちらからできます。
http://wp-fun.com/

-WordPress
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SNSボタンサムネイル

STINGER5にソーシャルボタン3種を追加する方法(トップページ)

最初から、STINGER5では、Facebook、Twitter、Google+、はてなブックマークの4種類のソーシャルボタンが表示されるようになっています。 このサイトでは、Pocket、feedl …

Chromeエラー画面

WordPressプラグイン TablePressが動作しない訳

久しぶりのITネタです。 WordPressのプラグイン「TablePress」。 簡単にテーブルが作成できる便利なプラグインです。 テーブルを作成するだけでなく、並べ替えができたり、検索ができたりと …

SNSボタンサムネイル

STINGER5にソーシャルボタン3種を追加する方法(投稿記事)

先日、STINGER5で、トップページに Pocket、feedly、LINEの3種類のソーシャルボタンを追加する方法を書きました。 ひろみのみSTINGER5にソーシャルボタン3種を追加する方法(ト …

プロフィール画像

外資系IT企業、日系シンクタンクで、SEとして働いた後、コーチング専業会社に就業。転職エージェントを経て、IT業界に出戻りしました。

これまで数百名と面接してきた経験と、自分自身の経験をベースにITエンジニア向けの情報を発信しています。少しずつですが情報を更新中。

その他にもリクエストがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。